2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルが分からなくなる

春らしくなってきました。
梅の花びらに隠れるようにして枝にとまるウグイス(鶯)の声が、
背景に広がる静かな森に響き渡るのを聞くと、
思わず自分の心まで広がっていく気がして、今日も清々しい一日がスタートします。

鶯は、山梨県と福岡県の県鳥なのだそうですね。
鶯によく似たメジロは色が鮮やかな鶯色なのもあって、
よく鶯と勘違いされている方が意外と多いのですよね。

メジロは10㎝ない位小さくて、うちの家の前の道端の笹に隠れて、よく遊んでいますが
警戒心はそれほどでもありません。
一方鶯はかなり警戒心が強く、スズメより少し大きめ、15cmはあるかな。
近くで姿をみられたらそれはとてもラッキーなことですね^^
そして共に知事の許可がないと獲ったり育ててはいけない規制がある種なんです(-"-)

ウグイス                  メジロ
uguisu.jpg yjimage8QC2U44P.jpg



鶯の糞は昔からお肌に良いとされて、私も使っていた時期がありました。
古くは江戸時代から高級な化粧品とされてきた歴史があるものなのですよね。

情報元
何でも糞の中の酵素には、お化粧や余計な垢や皮脂を溶かすタンパク質や
脂肪の分解酵素だったり、また肌のシミを消す漂白酵素として働くこともあって、
歌舞伎役者や芸者さんの間で重宝していたそうなのです。
当時は高価なもので庶民には手が届かなかったそうですが。

でも現代では鶯が捕獲禁止になっていることや輸入もできない種らしく、
近種のソウシチョウという野鳥なら輸入可能なので、それで製品化しているとか。
これ↓がソウシチョウっていう鳥なんですって。
mig.jpg


----------------------------
どうでもよかったですか(笑)   わたしも書いてて思いました(;^ω^)
ただ鳥って、スズメでも何でも近年非常に減ってて~って話は話題になっても、
それを機に鳥そのものに関心を持つことに繋がるかといえばそうでもなく。。。

情報には問題視されることも山とありますから、その山ばかりに気を取られ、
問題解決をしたがりますが、私たちが今を感じ今を味わう処は、
日常の目先にある些細な出来事からで、問題視からは離れないとね。

豊かさや歓びに繋がる、或いは広げるには、
問題が積みあがった部分や頂上をみているのではなく、
問題の積まれた自分の足元や、その横に何を積み上げていく自分なのか、ですね。


あれオカシイナ。
今日は何だか、いつものような流れと違う話ばかりでてくるナ・・・

切り替えていきます。
今日は、リアルって何なのか分からなくなってしまうような、
そんな衝撃の、おふたりの絵をご紹介します(´▽`*)


uploaded1.jpg

情報元
健気な幼い少女が陽射しを受けて安らいでいる、なんとも素敵な一枚。

実は上の画像は写真ではありません。
アメリカ、ユタ州在住のアーティスト”Patrick Kramer”さんが描いた絵なんですね。

Patrick Kramerさんは小さい頃から『強迫性障害』を患っており、
全てに完璧を求めてしまう完璧主義者なんだそうです。
そんな障害のはけ口として、絵を描くことを始めたといいます。

http://www.patrickkramerart.com/recent.html
↑、こちらから他の絵もご覧になれます。

------------------------

super-realism1.jpg

ただ静かにカメラを見つめている男性・・・ 

super-realism81.jpg

どうみても、写真にしかみえません。。。

http://tabi-labo.com/73330/super-realism/
こちらから他の作品もご覧いただけます。



描いている人のなかには、私たちが目で見ているこの現実とは別の、
元々何もないリアルな世界があり、そこにこの現実を入れ込んでいく。
そんな気がします。

リアルとは何かを改めて考えさせられます。





関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/325-266f1b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

17・18 「愛の法則」 «  | BLOG TOP |  » 久々のUFO編

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。