FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蘇生」上映ご案内

最近ウォーキングの半分は、ジョギングに変わってきました。
ウォーキングでさえ毎日楽しんでいる自分が不思議なくらいなのに、
今月になったある朝、なんとな~く、ちょこっとだけ走ってみよっか。
そんな気持ちになって走ってみたら、意外といけるかも~な気分になって(笑)

私は元々スポーツが苦手なほうなんです。
ましてやジョギングなんて40年位やったことない(*_*;
そんな私が60歳の大台に乗った途端、走ってみようなんて気になること自体、
自分でもどうしちゃったのかと思うのですが(;´・ω・)

実はウォーキングで時々みかけるおばあちゃんがいて、
そのおばあちゃん、どうみても70代は裕に超えてる感なんです。

そのおばあちゃんが、山でも坂でもタッタッタッタッ走っているんです。
それも速いんです。 
私には到底及ばない走りっぷりなんです(*_*;

それが最近、見ないのです。
全くの他人さまですが、どうも気になる。

そうやって気になる日が続いているうち、
なにか私も、あのおばあちゃんのように、走ってみたくなって、
それでちょっとずつ走る距離を伸ばして行くうち、
山坂を除く平坦な道は走れるようになってきました。

でもまだまだ、あのおばあちゃんのようには走れません。
いくら気持ちがあっても、筋力がないと走り続けられません。

いつか私も山坂通して走れるようになったら、
あのおばあちゃんが山の中からひょっこり、元気に現れるんじゃないかって、
おかしな話なんですけど、
そんなことを思うと何か元気が湧いてきて、足が前に出るんです。

それもきっと、あのおばあちゃんから勝手に私が受け取った、励ましのひとつです。
見ず知らずのおばあちゃんが、ただ走るだけで、
それだけで意味を見いだせている私です^^


さて早くお知らせしたいと思っていた映画「蘇生」のご案内です。

かつて自らが俳優だった白鳥哲氏。
2007年末からの脳腫瘍の症状に、波動カウンセリングを用いて自分を徹底して肯定、
合わせてホオポノポノをとことん繰り返し、1年後脳腫瘍が消滅したという経験をお持ちです。

「水の伝道師 江本勝」
「不食の時代〜愛と慈悲の少食〜」
「祈り〜サムシンググレートとの対話〜」など、
優れた作品を生み出した映画監督でもあります。

私は恩送りというイベントを通し、
監督の人間性は只者ではないことを実感しているひとりですが、
実際にお会いし言葉を交わした時に伝わる純粋な波動に
圧倒される人も多いようです。

そして今月、上映が開始された映画「蘇生」は、
マスメディアや政府の広報などでは知ることの出来ない放射能の現実、
地球の真実の姿について、希望ある未来が示されています。

放射能汚染や地球の汚染など、今、日本全体が目を背け、子孫に問題を先送りにしている、
この現状に、今一度向き合う機会です。
以下に監督の「蘇生」にかける想いをご紹介します。

-------------------------------

映画「蘇生」にかける想い   2015年04月01日 (Wed)

私たちの地球は、マスコミや政府の広報で見聞きする以上、
多くの生命体が人類の手によって、命を奪われ絶滅し、森が破壊され、
山、河川、海、大気、空気や水の汚染が広がっています。
福島沖で流れ続ける放射性物質をはじめとした汚染物質は
地球のバイオスフィア(生態圏)が持つ自浄能力を超え始めています。
2015033118163841c.jpg
《茶色くなってきている地球》

化学物質や農薬、砒素、プラスチィック、放射性物質・・・。
ありとあらゆる汚染を流し続けているのです。

森の木々もあっと言う間に切り倒し、年間93000平方キロメートル、
1分間に東京ドーム2個分の木々が切り倒され続け、
今や世界の陸地の4分の1が砂漠となっています。

それら汚染や破壊にはほとんど見向きもせずに経済成長だけを見続け、
72億の人間がひた走っているのです。

捨てる場所のない、
しかも、処理するのに何万年単位でかかる原子力発電をし続ける理由も
海岸に打ち上げられ続けている注射針、蛍光灯、ガラス、プラスチック、
洗濯機や冷蔵庫など・・それらを処理することもせずに海に捨て続けている理由も
(処理費用がかかるから投棄する)、
木々を切り倒し、森を平気で破壊し続ける理由も
大気にPM2.5やPM10など大量の汚染物質を飛散し続けている理由も
全て「お金」にあるのです。

目先に必要な紙切れ(紙幣)と金属(コイン)、電子マネーで出来た道具のために、
命にとって、大切な山、川、海、空気、水・・・を汚し破壊し続けているのです。


何故、トンボがいなくなったのでしょう?
何故、蝉たちが狂い泣きしているのでしょう?
何故、クジラやイルカたちが打ち揚げられ続けているのでしょうか?
何故、台風が巨大化し、大雨、洪水、豪雪、干ばつが多発しているのでしょうか?



私たち人間は、そろそろ、自然が訴えていることに耳を傾け、
人間の罪の重さを真摯に受け止め、未来に生きる子孫達のためにも、生き方を変えないと
取り返しのつかないことになるのではないでしょうか?

今、地球でおきている事に耳を澄ますと、私たち人間があまりにも傲慢に、
他の生命を痛め続けていることに気づくはずです。

2011年3月の福島第一原発事故以降、ベーリング海やチュクチ海の魚、アザラシ、
ラッコなどが皮膚の腫れが多数目撃されるようになっています。
白熊、ラッコの中には、新しい毛が生えないという奇病や奇形が、
各国の海洋研究者によって報告されています。

2011年4月以降の目撃事例でも、胴体が二つ繋がったクジラの屍骸が
太平洋沖で目撃されたり、メキシコ湾で双頭のサメが目撃されたり、
これらの原因に福島沖で流され続けている放射性物質にあることが
各国の海洋学者によって指摘されているのです。

しかし、これら事実は、経済成長を目指す現在の社会では不都合な情報なので、
見て見ぬふりを私たちはし続けています。
そして、それら真実の情報はもみ消され、あたかも何もなかったかのように
みんなで振舞っているのです。


本当にそれで良いのでしょうか?
今からでも何か出来ることがあるのではないでしょうか?



生命の尊さを感じると、そのことに対して無責任でいることが出来なくなるのです。
映画「蘇生」はそんな思いで生まれました。

後から続く子孫や他の地球生命体ために
遺しておくべき地球にする責任が私たち大人にあるのです。


<ここまで>
-------------------------
最新の上映スケジュールはこちらからご覧になれますが、
ざっくり転記しますと以下のようになっています。

渋谷アップリンク
http://www.uplink.co.jp/movie/2015/36068
4/11(土)~4/17(金) ①10:40~  ②12:30~
4/18(土) 10:30~  (※上映後、監督トークショー)
4/19(日)~4/20(月) 11:00~
4/21(火)  13:00~  (※上映後、監督トークショー)
4/22(水)~4/24(金) 11:00~

大阪シアターセブン
http://www.theater-seven.com/2015/movie_sosei.html
4/12(日)~4/17(金)12:00~
4/18(土)~4/24(金)10:00~
4/25(土)~5/1 (金)13:20~

名古屋シネマスコーレ
http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/home.htm
4/11(土)~4/17(金)11:50~   
4/18/(土)~5/1 (金)12:05~ 

------
渋谷アップリンクでの上映は24日まで、大阪名古屋方面は5月1日まで。
私は渋谷での、20日月曜の上映に、夫と行きます。
読者の方で行かれる方ありましたら、気軽に声かけて下さい^^
Facebookメッセージいただけると詳細お伝えできます。

是非是非、是非に、お時間をつくって観に行ってほしい映画です。
ひとりでも多くの方にお知らせしたい映画です。



関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/348-b329bb39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「蘇生」観てきました(^^♪ «  | BLOG TOP |  » 「UFOを見る時代からUFOに乗る時代へ」講演会

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。