2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29 「愛の法則」

ここに転載させていただきますのは、昨年出版されたヴィセント ギリェム氏の、
著書『魂の法則』の後に受けた、高次からのメッセージ『愛の法則』です。

o0173022012556018255.png
著者: Vicent Guillem Primo ヴィセント ギリェム・プリモ氏

転載元

29 イエスの地上での使命 ―その2―

イエスの地上での使命 ―その2―

*霊的に成長する上で転生がそれほど重要なことだというのに、イエスがそれを直接はっきり話さなかったことに驚きを覚えているのですが。

もちろん話したとも。「魂の法則」についても説いたし、霊的な進化と関係することは、全部わかりやすく明瞭に教えたのだよ。君たちが持つ彼についての情報が正しく完全だとは限らない。


*根拠を示せる文書は残っていますか?

 君たちの世界で、イエスの人柄や功績について本当のことを知っている者は誰もいない。彼の思想や人物像や伝達された教えのほんの断片が残っているに過ぎない。しかも、僅かに保存できた彼の功績でさえも、その大半が改変、歪曲されてしまい、当時の支配層やその後世界を支配してきた者たちにより、人びとの目から隠されてしまった。そして、今でもそうされている。真実が明らかになると自分たちの利己的な利益が損われると考えているので、一切の事実を知られまいとしているのだ。


*でしたら、そのような知識は何も新しいものではないのですか?

 もちろん違うとも! それは、有史以来、地球のさまざまな場所で伝えられてきたのと同じメッセージだ。伝達したのは実際にはいつも同じ霊性の使者たちで、地球の平均よりも進化しており、「愛の法則」と他の霊的な法則を熟知した者たちだが、転生した時代によってそれぞれ異なる名前で知られている。


*でも、どうしてそれを知り得ることがなかったのですか?

 もう、話したではないか。霊性の使者たちが帰ってしまい、その教えが霊的に劣った者たちの手に落ちると、彼らによって、当初の教えの中に利己的な考えが織り込まれてしまったのだ。元の伝達者たちがいなくなっていたので、改悪を止めることもできなかった。
 イエスという特定のケースにおいても、それと同じことが起こったのだ。時の経過と共にイエスの教えは歪められていったが、それは常に、支配者たちを有利にするためか、彼らの利権を損なわないようにするためだった。彼らは書記を雇い、本当の教えを徹底して改変した。そうして、支配者たちは人民に知ってほしくないことを消去し、書いてあった方が都合がいいことが加筆されたのだ。


*消されてしまった教えはどのようなものですか?

 ここで一緒に学んできた教えと同じものだ。魂の転生についての知識や、進化の法則などである。自己の人生と感情に関しては自分で決定できるという各人の権利も該当する。動物も含む最も弱く無防備な存在たちの生命と権利を保護して尊重しようという呼びかけも同様だ。
 つまり、あらゆるエゴの形態―中でも強欲・貪欲・憎悪―と虐待や搾取などを糾弾して告発しようとする教えのすべてである。このような教えは全部、元々の意味がわからないように、意図的に改変されたり消し去られたりしたのだ。


*イエスは自分の教えがいじられないように霊界から防ぐこともできたのに、なぜそうしなかったのですか?

 それは自由意志の侵害となってしまうので、イエスであろうと他の霊界が遣わす使者であろうと、誰も、世界を望み通りにすることができないのだ。唯一できるのは、人間のエゴによって台無しにされてしまったものを再建するために再び生まれ変わることだ。


*それは、イエスがもう一度地上に生まれ変わるという意味ですか? 二度目に戻ってくるのですか?

 そういうことだが、二度目ではなく、何度も来ているうちのもう一度に過ぎない。


*では、キリストが再来するという予言は本当なのですか?

 キリスト(ロゴス・キリスト)は、遥か以前に人間の段階を超えることのできた大変進化した存在なので、もう転生はしないと話したろう。キリストは、霊的な使命を帯びて転生している人間の進化段階にいる魂たちに働きかけるのだ。
 だが、イエスが転生するというのは本当だ。もっとも、すでに言った通り、二度目ではないがね。でもそれは、一部の人が待ち望むように、カトリック教会の陣頭に立つためではない。しかも、キリスト教徒を自認する多くの人たちからは、歓迎されないであろう。特にその上層部の者たちにね。なぜならイエスが戻るのは、二千年前にユダヤ教会を糾弾した時のように、彼の名においてキリスト教会が創りあげたあらゆる欺瞞と失態を暴くことも目的の一部になっているからだ。


*前にイエスがもう一度地上に生まれ変わるかをあなたに質問した時には、キリストの例で返答されて(「魂の法則」参照)、今僕がキリストのことを質問すると、イエスの話をするのはどうしてですか? 二人は別々の存在なのでしょう?

 それは、君たちがイエスとキリストとを同一視しているからだ。確かに、イエスが再び転生する際には、実際にキリストからインスピレーションを授かることになる。しかしキリストは、他の大変進化した存在たちが霊性進化の任務遂行のために生まれ変わる必要が出る際にも、インスピレーションを与えることができるのだ。


*お言葉からすると、イエス以外の人たちもキリストに感化されていたようですね。

 当然だ。


*キリストは、救世主イエスが転生していない時期には、彼ほど進化していない人たちにもインスピレーションを与えられるのでしょうか?

 もちろんだ。というのは、キリストの場合も含めて、進化した存在たちは皆、特定の時代のたった一人にだけインスピレーションを与えるのではなく、イエスほど高いレベルではないとしても、無条件の愛を動機にして行動するすべての存在を感化するものなのだ。
 転生する人間の進化の程度により、キリストやその他の高次の存在たちとの繫がり具合が決まる。多くの者が自分を重要人物だと思いたいがために「選ばれた者」になりたがり、愛そうとするそぶりをするが、エゴを放棄しようとはしない。霊界は、愛の道を進もうとする人には誰にでも手を差し伸べる。しかし、エゴが動機となって行動する者は、霊的に進化した存在たちからの応援は期待できない。
 それゆえ、「選択」とは自分自身でするものであり、それは、エゴか愛かのいずれかを選び取ることである。どんな影響を惹きつけるかは、自分が選んだものによって違ってくるのだ。


*キリストとイエスという組み合わせを、どう理解したらいいのでしょう? キリスト意識の状態とでも考えるべきでしょうか?

 キリストというのは高度に進化した霊的な存在で、君たちと同じように、独自の意志と個別性をもって存在している。それゆえ、ある意識状態という以上のものだ。意識状態というのは存在そのものではなく、ある存在の表現形態だからだ。
 人がキリストと繫がると、その人の意識は疑いなく、独りで到達できる限界よりも、ずっと広い範囲にまで拡張する。この超高次の存在からインスピレーションを与えられると、自分の力しかない時よりも確固とした勇気と決断力をもって行動できるので、取り組んでいる使命に役立てられるのだ。


*神以外で一番進化している存在は何ですか? その存在は転生していますか? どのような具体的、または全般的な使命があるのですか?

 進化の段階においては、キリストやイエスが神のすぐ下の存在だと思って君がそう訊いているのなら、あらかじめそれは違うと言っておこう。霊的な世界は広大で、キリストやイエスよりも高度に進化した存在は無数にいるのだ。そのような存在が生まれたのは、私にも進化の歴史を遡れないほど遥か以前のことだが、神は常に存在していたし創造をやめたことなどないので、その起源もわからない。
 君たちには制約された認識力しかないので、これらの存在に可能な最大の支援法が、人間として生まれ変わって地上に降りることだと思っている。だからイエスが神の生まれ変わりだと思ったりして、神そのものが人間に転生してもおかしくないという考えに至ってしまうのだ。
 君たちの限られた視野では、超高度に進化した彼らの力がどこまで及ぶのかは、想像だにできない。彼らには、星の数ほどある世界と人類の創始者及び管理者として、想像し得るよりもずっと大きな責任があるのだ。一人の人間に生まれ変わることは、その潜在能力が雀の涙ほどの力に制限されることなのだ。
 したがって、彼らが個人の人間として生まれ変わることはない。なぜならそれは人間に、蟻として生まれ変わって蟻の生活を送るように期待するのに等しいからだ。そのため、そういう使命を引き受けるのは、高次の存在の支援を常に受けているものの、進化程度が君たちに近い存在たちなのだ。


*イエスが神やキリストの直接の生まれ変わりでないのなら、なぜ「私は道であり、真理であり、命である」と言ったのですか?
 
 君たちが知っているその文言が、そのままそっくりイエスの口から出たことはない。言わずとも普遍的であったメッセージを、自分個人のものにしてしまうことはできないからだ。
 それは、「私は、霊的世界からの使者としてあなた方に霊性進化の道筋を示し、霊的世界の真実と魂の命の真相を教えにやって来た」というメッセージを簡略化したものに過ぎない。


*あなたはイエスが何度もやって来たことがあると言われましたが、それは、ナザレのイエスという人物として生まれる以前にも幾度か転生したことがあるという意味ですか?

 もちろんだ。現在の君たちの公の歴史に書かれてもおらず、認知されてもいない古い時代に、地球に生まれ変わったことがある。


*それらの人生では何をしたのですか? 

 イエスは君や皆と同じであった。そして、充分に進化を遂げてから、霊的なメッセージを携えてやって来たのだ。


*でも、イエスとしてやって来る以前にも、過去に似たような使命を果たしたのではないですか? 彼のしたことが何か記録に残っていないでしょうか?

 彼の任務は歴史のどの時代においても、人の魂に刻まれていく霊的な仕事であった。歴史の書物にその記述がなかったり、歪められてしまっていても、それが無駄になってしまったわけではない。なぜなら、霊的な教えに心を掴まれた魂は、その教えを絶対に忘れることがなく、以後の転生でそれを表明していくからだ。

 イエスは、さまざまな時代の異なる場所に、愛のメッセージをもたらした。イエスは、この世の諸悪の根源がエゴであることを各時代の人びとに伝える方法を熱心に探し続けた。また、魂の諸法則と霊性進化の行程を人びとが理解できるように、基礎的な霊的な知識をできる限りやさしく伝えることにも力を尽くした。しかしながら、その時代の大部分の人たちは、今の時代と比べると知性においても感性においても大変劣っていたので、彼の提案した改善案が実施されることはなく、彼が過去の世で認められることもなかった。

人びとは、超常現象のように思えたイエスの数々の行いに惹きつけられはしたが、彼が布教した意味深い霊的な教えを汲み取ることはなかった。イエスが特別な存在であることはわかっていたのだが、彼を理解できなかったのだ。彼のことを理解することができたのは、最も身近なわずかな弟子たちだけだった。
 それゆえ、同じ仕事を続けていく必要がある。そのため、当時イエスを理解できた者たちが、かつて進化不足のために教えがわからなかった人たちを助けようと、現在、継続して任務を担っているのだ。



関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/374-cee511cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

菜園と手作り乳酸菌1 «  | BLOG TOP |  » 28 「愛の法則」

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。