2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜園と乳酸菌生活2

DSCF8930 (640x480)

枝豆は6株のうち2株を収穫してきました。
実が柔らかくほっくほくで美味しいです。

↓は水菜と小松菜、カブの、間引きしたお野菜さんです。
葉物は二度目の栽培ですが、今回もスクスク育ってくれています。

二度目の栽培となると、こちらもちょっと余裕が出来たせいか、
初回に比べあまりいちいち気にしなくなって(笑)
ほんと、子育てと同じですね~

DSCF8929 (640x480)


DSCF8928 (640x480) DSCF8931 (640x480)

ミニトマト、初収穫です。
畑で一個味見して、貴重なも一個、夫のために持って帰りました。
きゅうりはもう見飽きたって言われそうですが(*_*;
一応、収穫の記録のために、写真を載せています。
これでも何回かはカットして載せてないのです(笑)

きゅうりは、初回の5月初めに植えた株と、1ヶ月ずらした6月に植えた株の、
両方から収穫出来始めたのもあって、
ご近所への日頃のお礼兼て渡せるので、ほんとうに助かってます(^_-)-☆


------------------------------------
最近はネットをゆっくりあれこれ見ることも無くなって、
生活に必要な情報優先で拾ってみています。

その中でもとりわけ関心があるのが、微生物に関するものや農に関する情報です。
不食に向かう時代を先駆けている方も増えてきているようですが、
一般的にはまだまだ時間がかかるのかな、なんて思っています。

微生物といえば以前から記事にも書いている手作り乳酸菌ですが、
最近はお風呂にも入れたり、それから化粧水としても常用するようになりました。

まず乳酸菌風呂のことですが、
311震災の後に放射能関連から、飯山一郎さんの記事をシェアする多くの方がありました。
乳酸菌風呂についての飯山氏のHP記事、ツィートを転記された方の記事の抜粋です。

 乳酸菌風呂 参考元記事

〇 乳酸菌で目を洗います.カスミ目や老眼が治ってくる(治験あり) 

〇 発酵した米のとぎ汁でアトピー性皮膚炎をなおしてるヒトもいる.
  アトピー性皮膚炎には乳酸菌風呂だが量的に沢山の乳酸菌が必要だ.
  酸っぱい菌を毎日つくらねばならない.部屋の隅々までスプレーして
  アレルゲン(原因物質)を乳酸菌が食べさせる作戦もやってみて下さい.

〇 大勢の皆さんが生きた微生物を意識して培養している.不思議な時代だ.
  今後は,粗塩や黒砂糖などエサをやり,ラブレ菌やキムチ菌やヌカ漬の菌を加えて
  種類豊富な発酵菌液にして,飲み,吸い,風呂に入れる.これが放射能に負けぬ生き方だ.

〇 世の中「カビキラー」なんてモノを使いだしてから花粉症やアトピーや免疫不全が増加した.
   今,カビを吸う時代!

〇 風呂で被曝するのは心配ないです。外部被爆だからです。飲んではいけませんが、
  放射性物質が湯気となって立ち上ることはありません。外気中にある放射性のチリを
  肺に吸い込んで内部被爆することが最も怖いのです。 

〇 200Lの浴槽に5Lの乳酸液を入れ,湯気を呼吸しながら,のんびりのびのび入浴.
  この入浴法で免疫力は1000倍アップします.

〇 放射性物質が入った水道水の風呂でも,米とぎ汁乳酸菌を入れると
  先ず光合成細菌が放射性物質を体内(細胞内)に取り込む.
  この光合成細菌を乳酸菌が捕食する.このプロセスで放射性物質は人間の皮膚には
  直接触れないカタチになる.微生物の体内に放射性物質を入れてしまうことだ.

〇 米とぎ汁乳酸菌を部屋に噴霧すれば,アレルゲンは発酵して別の物質になり,
   喘息やアトピーは快癒. 

〇 良く発酵した米とぎ汁乳酸菌をたっぷりと風呂に入れる.風呂は完全な発酵環境!
   発汗し,体温があがる.これだけで免疫力は千倍.一万倍という学者もいる.ガンも消失.

〇 乳酸菌+光合成菌合わせた培養液、合計40Lに挑戦中!いいですねぇ.
   完全発酵にもっていけば,何ヶ月も風呂の水を変えなくてもOK!になります.
   放射性物質ゼロの風呂になります.

 〇 元気な乳酸菌を投入した風呂に入り,蒸気を吸いながら,目,口,鼻,耳,
    穴という穴に乳酸菌を入れながら身体を温める,汗がでるほど温める.
   これで免疫力は1000倍も上がる.1万倍という医者もいる.
   この段階になれば鼻血は止まる.必ず止まる.そういうヒトが一杯いる.

〇 元気な乳酸菌を投入した風呂は,病原菌,病原性ウィルス,レジオネラ菌などが
   ゼロになる.アカやフケや抜け毛は3重ストッキングで漉せばいい.
   放射性物質もなくなる.湯はいつまでもサラサラ肌はすべすべ. 

〇 元気な乳酸菌が10Lできたら風呂に入れて長時間入浴.
   この風呂水は1ヶ月以上交換不要だ. 

〇 最近,世の中が変わりまして,乳酸菌なども買わずに米とぎ汁から自家培養する
   時代になりました.白米や玄米に付着している乳酸菌を家で培養していけば
   生きた菌が家の中で繁殖して「発酵環境」になり,お家が放射能と闘う基地になるんだそうです.

〇 乳酸菌風呂は濃密な発酵環境だ.身体が温まり心身がリラックス!
   これだけでマクロファージが激増し,その日生まれた癌細胞もゼロになってしまう.

〇 『追いだきの際の風呂釜は痛みませんか。』
   ←乳酸菌液は酸性ですが酸化作用はなく還元作用をするので風呂釜は痛みません.
あと,喉に乳酸菌を直接スプレーする場合は,悪臭がない芳香のする乳酸菌液を
   使って下さい.乳酸菌スプレーで芳香がただよう部屋が本物の発酵環境です.

   山梨・甲府の老舗(株)野中の会長は,湯を3週間無交換の乳酸菌風呂の湯を
   山梨県の検査機関に出したところ,大腸菌ゼロ!レジオネラ菌ゼロ!で
  検査機関の担当が「不思議だ!」と連発していた,と.
   乳酸菌が病原菌や病原性ウイルスを食べる様は,マクロファージと同じ! 

〇  『お風呂で乳酸菌を培養するのに洗濯ネットに無農薬米の糠を入れて使っています!
   後で糠を取り出せるので、とても便利です♪♪
   ヨモギやしょうがなどを一緒に入れてもよさそうですよね??』
   ←まぁまぁ,貴女は工夫と知恵の人です.浴槽で乳酸菌の培養!言う事ないです.

〇 『拡大培養液は、土壌汚染に散布しても効果ありですか?』
   ←はい!将来は,拡大培養液の大量散布法で土壌浄化をしましょう!
   あと,風呂桶底の赤い汚れ(?)は,多分,紅色光合成細菌だと思います.

〇 乳酸菌を浴室一杯にスプレイを使って霧で吹いて空気を洗い,大きく何回も深呼吸!
   蒸気も胸深く吸い込む!目も口も耳も,あらゆる穴と粘膜に乳酸菌をしみ込ませながら
   体を充分に温める.リラックス,リフレッシュ!これで免疫アップです.癌消滅です!

<ここまで>
------------------------------

我が家では、お風呂は新しくお湯を張った時に、とぎ汁乳酸菌液を2リットル入れ、
毎日もしくは一日おいて乳酸菌液を追加します。
今のところ、2~3週間経たないうちに替えてしまっていますが、
1週間以上は全く問題ないので、替えません。
このまま試して、完全な発酵環境にもっていけるかどうか、続けていきます。

浴槽の水は少し濁り、お風呂場はヨーグルトのような匂いがします。(笑)
でも不快感は全くありませんし、むしろ天然発酵の香りなので気持ちよいです。

一見不衛生のようですが、お湯が腐敗しないのが感じられます。
すごく温まります。
そしてよく眠れ、睡眠が深い感じです。
更に日中汗をかいても、じとっとした蒸し暑さが無く、肌が乾くとさらっとしていて爽快です。
湿度が以前より少ない感じがするくらいで、まるで北海道に居た頃の皮膚感覚です。
お通じも爽快。
これらが、乳酸菌風呂を始めてからの違いです。

それからもうひとつ感じた大きな変化は、
乳酸菌液をスプレーすることで、室内の空気感が変わってきます。
初めにキッチンの中を朝晩スプレーし続けたところ、体感温度が下がるのか涼しいのです。

キッチンはどうしても熱がこもり易いし、匂いも出やすい場所ですが、
それがあのむわっとした感じが全くなくなり、匂いもなくなりました。
なので最近は、毎朝、家中をスプレーして回り、天然発酵環境に近づけたい
と考えています。

他にはリンスに使います。
シャンプーは自然酵母を発酵させたものを使っているので、
きっと乳酸菌液とは相性がいいなと思っていたのですが、やはり髪はしっとりします。

それと化粧水には抜群にいいです。
付けた肌は、乳液はいらないのではと思うくらい、しっとりします。
乳酸菌風呂なら、天然化粧水を全身につけるようなものです。

------------

ただ私はこれらをおすすめしたいいうことではありません。
こういった自然界の菌を扱うことには、素人の私の経験や検証で、
おすすめしていいものかどうか迷います。

微生物と、自然や人の生体とのかかわりには、
マニュアルといえるものを元にしようと思うと無理があるように思います。
その人、その時、それぞれの環境で条件が変わると思うし、
それは生きているものどおしの関わりだから。

有効性と同時にリスクもあることを承知で、自分の生活に活かす。
そのくらいで関わるなら、きっと発見と収穫は大きいのではないかというのが、実感です。

安易にはおすすめしたくありません。
やるなら継続し、彼ら(微生物)との付き合いを観察しつつ、
彼らと共存できる智慧を学ぶのには、いい機会ではないかとは思います^^



関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/381-bd2116c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の点描アート «  | BLOG TOP |  » 「愛の法則」転載終了に寄せて

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。