FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜園と 先人の知性

DSCF8959 (640x480)

一昨日は雨が小降りだったので、収穫に行ってきました^^
ミニトマトも少しずつ食べられるようになってきました。

畑で会った友人はシシトウが豊作で、両手いっぱいに戴きました。
我が家はシシトウは植えなかったので有り難かったです(^^♪
その代りオクラを植えたので、収穫できる時が来たらお返ししたいな~と思ってます☆


DSCF8960 (640x480) DSCF8961 (640x480)

二作目の小松菜と二十日大根の間引きをして、汁物にでも使えるぶんだけ持って帰りました。
大玉トマト、少し早目かな~というくらいで収穫したので、完熟になるまで放置。

枝豆は全部収穫終わりました。
そのスペースには、土壌に負担が少ない葉物が良いかと思って、
中国野菜のエンツァイの種を蒔きました。
エンツァイはホウレン草のように利用度も大きいので、これも楽しみです。

梅雨の時期でも数日でこんなになるのだから、
夏本番になったら、毎日行かなきゃならないんじゃ💦 ・・・(笑)


5867694576_96294fb24e_b (640x541)

ここのところ、雨が続く関東ですが、皆さんのところはいかがですか。
紫陽花が雨に映えて、美しいですね。
またバラも色とりどりに "わたしに会いにきて"といわんばかりです。
なかでも薄紅色のバラに出会うと、吸い込まれるように寄ってしまいます。


私は勉強にはあまり熱心ではありませんでしたが(笑) 古典だけは惹かれました。
和歌や俳句などの比喩は、解らないながらも妙に興味をそそられました。

論語調に直喩で説明するよりずっと面白みがあって、
子供ながらに言葉の奥深さを感じ取っていたのかもしれません。
古文特有のリズムが私の記憶の琴線に触れていたように思います。

単刀直入に表現するデリカシーの無さは、今でも苦手です(笑)
句詩の行間から感じる奥行き、含みをもった表現など、
日本語を使いこなす日本人ならではの、先人の知性を、
隠喩やボキャブラリーの豊富さから感じ取れます。


労わり合うとか慰めるとか思いやるとか共感するとか、
こうした知性は、本来 人として素性に持ち合わせる、
歓びも哀しみも共有した神心由来の「愛」ですよね。
まさに美徳と品格が、かつての古典文化のなかには豊かに残されています。

original (640x436)


そう言えば 夏目漱石が英語教師をしていた明治の時代、
生徒が I love you という英語を 「我、汝を愛す」 と訳した青年に対し、

「それはおかしい」
「月が綺麗ですね、程度に言っておけば、まともな女性になら、伝わるはずだ」
漱石はそう言ったそうです。


今の時代なら、成り立たない表現なのかもしれません。
しかし当時は、これが愛を伝えるに相応しい言葉だったというのですから、
漱石の翻訳故の表現というより、
これがその時代の感性の在り方だった、ということなのかもしれません。

もしかしたら、今の時代のように
「愛しています」と言葉で表現する以上に、
感性の響きや奥ゆかしさなどの抒情的感覚から、
相手に対する愛の想いはより一層伝わりやすいのかもしれません。

よく考えれば、私たちも普段、社会においてもネットであっても、
他人を見るときや感じるときに、本人が表現している話しの中身よりもむしろ、
その人の人柄とか人間性とか、捉え方とか、
空気感、背後に感じるオーラのようなものとか、そういったことのほうに
共感するかどうかを感じ取っているのではないでしょうか。


そういった意味では、今も昔も、感性をもって
人と人が繋がっていることには、変わりないのかもしれません。

E89694E89687-1 (640x480)





関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/383-62a8b6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シェア畑 3ヶ月目 «  | BLOG TOP |  » 最近の点描アート

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。