2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニングル(小さな妖精)テラス

北海道の旅では二日目に、富良野のプリンスホテルの近くにある、
ニングルアトリエを訪れました。
ニングルとは、森に住むと言われている小さな妖精のことです。
アイヌ語で「ニン」=縮む、「グル」=人。この訳から「小人」という意味だそうです。

DSCF9088 (640x480)


DSCF9096 (640x480) DSCF9095 (640x480)

DSCF9098 (640x480) DSCF9093 (640x480)

森の中に15棟のログハウスが点在しており、工房やアトリエなどの店舗に
富良野にしかない手作りの商品がたくさんあり、創造性が掻き立てられる空間です。

DSCF9094 (640x480)

私たちが行ったのは夕方だったのですが、これが夜だとまた格別のようですよ^^
本当に妖精が現れそうな空間のようです。
通路には、ほっこりするような工夫があったり ↓

DSCF9091 (640x480)

こんな大きなキノコが、いたるところにあったり ↓

DSCF9097 (640x480)

嘘ですよ^^
これはキノコを大きくしたレプリカ。
でもこれが違和感なく回りに溶け込んでいる、夢の中のような不思議な景観でした。

因みにニングルテラスのお店の名前をあげると、参照
紙々の森、 ふくろうの森、ガラスの家、ペーパーワークの家、おと屋、
小さな家の家、森のろうそく屋、富良野塾の店 森の楽団、森のドラマ館、
富良野銀細工 雪の結晶、小さな宇宙 万華鏡の家、オルゴールの森、
雑木林の家、森の鍛冶屋、チュチュの家。
チュチュの家は白樺林のなかにある珈琲屋さんです。
名前だけでも何かイメージが湧いてきませんか?


北海道の旅では他にも沢山周ったのですが、一応これで終わりにします。
皆さんも機会があったら是非訪れてみてはいかがでしょうか^^

ここから別の記事を書きたいと思っていたのですが、
あまりに長くなりそうなので、改めて別の記事にしてあげることにしますね~

畑の方もすでに秋撒きの葉物などは収穫が始まっているというのに、
なかなかブログに載せるまでに至らず、時間だけが過ぎてしまってます。
そちらも追々、書いていきたいと思います(^^♪

今日はとりあえずここまでにします(^_-)-☆





関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/401-710c8736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テレポーション «  | BLOG TOP |  » 何でも有りな空

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。