2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレポーション

北海道の旅から帰ってきてから、なぜか超常ものばかり書いてしまう私です。
自分でも、何でかな~とは思っているのですが (・。・???
今日もまたそっちへ走る私。 
とりあえず気の済むまで書いてみます(笑)

早速ですが、今日はテレポーションものを少し。
「アラフォーママの日記」 参照
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/entry-12039712040.html

↓の動画には、テレポーションする人や車などの映像が映っています。
その中のいくつかは以前にアップしたことがあるものですが、
途中 5:37~のは初めて見るもので、衝撃的なテレポーションを捉えています。

これはどうだったかな・・・アップしてたかもですが、
ネパールで監視カメラがとらえたテレポーションです↓




↓ これは車ごとテレポーションしてきたところ。




このようにテレポーションして、行った人や来た人がずいぶんとあるようですね。
これは最近のことなのかと思いきや、以前からあったようです。


 時間の渦に巻き込まれて消えた人々
http://www.cosmos.zaq.jp/t_rex/fusigi_3/works/works_1_k.html

引用開始

✽✽✽
1880年、アメリカのテネシー州で起こった話。デビッド・ラングという牧場を経営
している人が妻子や友人が見ている前で煙のように消え失せてしまった
という事件があった。
その日、ラング氏は仕事から帰ると、夫人や友人とともにお茶を飲んで雑談に
ふけっていた。そのうち、牧場を点検する時間となったので、ふらりと戸外に出た。

ちょうどその時、顔なじみの判事が馬車でやって来た。
ラング氏は、やあとばかり手をあげてそちらに向かおうとした。
5、6歩ばかり歩いた時、彼の姿は消え失せていた。
彼は、5人の人間が見ている前で蒸発したかのように跡形もなく消え去ったのである。

 たちまち、大騒ぎとなり、捜査が徹底的になされたが、原っぱは見晴しのよい
平地で一本の木もなければ穴一つなく、彼がどこに消えてしまったのかは
皆目わからなかった。
 ただ、不思議なことに、ラング氏が消えたと思われる場所から、しばらくたって
奇妙な黄色をした草が円を描くように生えて来たということだ。


✽✽✽  
1593年には、一人のスペイン兵士がマニラからメキシコまで、一夜で移動した
としか思えない事件が起きた。
マニラからメキシコ市まではおよそ1万4千キロほどもあり、
当時なら2か月以上はかかる距離である。
それが一晩で太平洋を飛び越えて忽然と姿をあらわしたのである。

兵士本人もその理由がわからず戸惑うばかりであった。ただ、前の晩にマニラで
知事が暗殺され、自分はそのために警備しているのだとも言った。
その兵士は、気でも違って虚言を言っているだけなのだろうと思われ留置された。
しかし、彼の言ったことは真実だった。なぜならば、2か月後、フィリピンからの船が
はるばる到着しマニラで知事が暗殺されたというニュースを伝えたからである。


✽✽✽
これは1956年にペンシルバニア州で起きた事件なので比較的新しい。
庭仕事をしていた連中が一仕事終えて休んでいた頃、その前を一人の酔っ払いが
歩いていった。昼間っから景気のいいこったと誰かが揶揄するようにつぶやいたが、
酔っ払いは気にもとめずに、そのまま通過していった。

まもなく、「何なんだ?やめてくれ!」という大声が響き渡った。
みんなは、驚いて声のする方向に駆けていった。その大声はそこら中に響き渡り、
家の窓からも首を出す者がいた。

しかし、声の主と思われる酔っ払いの姿はどこにもなかった。
「何なんだ、やめてくれ!」もう一度、今度は頭の上の方で声が響き渡った。しかし、
方角はわからず、声は天に向かって吸い込まれていくようにかき消えてしまった。
結局、酔っ払いの姿はそれっきり地上から消え失せ、彼の靴らしき足跡が
途中からプツンと途絶えているのだけが確認されただけであった。


✽✽✽
 これも、同じく1956年のオクラホマ州で起きた事件。
8才になるジミーは仲のいい友だち2人とインディアンごっこに興じていた。
ジミーは隣の牧師の家の塀にのぼって、悪人のインディアンが来るのを待受けて
いた。やがて、ジミーの下をインディアン役の子供が通り過ぎようとした。
「インディアン、つかまえた!」そう叫びながら、ジミーは塀から飛び下りたのである。

だがジミーは着地せず声だけがうつろに響き、空間に吸い込まれるように消えて
いった。二人の子供は、キョロキョロと今飛び降りたばかりの場所に目をやったが、
どこにもジミーの姿はなかった。
ただ、ジミーの片方の靴だけが地面にころがっていただけであった。

その光景は牧師の2階の窓から、エミリーという少女にも目撃されていた。
ジミーが叫びながら飛び下りた次の瞬間、彼の体がスーと消えていくのを
信じられない気持ちで見守っていたというのである。

 友人の目の前で消えてしまったラング氏や、声だけ聞こえて消え失せてしまった
酔っ払いの男、塀から飛び下りた瞬間に消滅してしまった少年は、
一体どこへ消え失せてしまったのだろう? 
そして、スペイン兵士はなぜ1万4千キロも離れた彼方に瞬時に移動してしまったのか?


引用ここまで
-------------------

テレポーション少年もいるらしい。




以前、
 「311とタイムスリップ」  という記事で書いたことがありましたが、
311震災後まもなく、仙台の海岸近郊で起きた“時間の遅れの波紋”を体験したり、
時空の揺らぎを体験したした人がずいぶんあったようです。

またチェルノブイリ住民たちが、多くの“時空の穴”現象を体験して、
2世紀前の帝政ロシア時代や、1世紀半前のナポレオン戦争時代の、
過去の光景を覗き見たことが記録されていたそうです。

また第1次大戦中にドイツ軍が使用したツェッペリン型飛行船が1台そっくり、
空中に現れて、チェルノブイリ原発からさほど遠くないプリピャチ市郊外に墜落、
爆発したという記録に関して、時空の穴”を通って、こちら側へ時空転移したのでは?
という推測がなされています。

宇宙空間に人工的な衝撃を起こすと、時空に歪みが起きるとも言われています。
下の映像のこうした衝撃波などは、何を意味しているのでしょうね。 
人工的なポータルを創り出そうとしているのでしょうか。




ところで10日ほど前の10月9日、
地上から観測されたオーロラとしてはほぼ最大クラスではないか、と思われる
超巨大オーロラが、ノルウェーで撮影されたそうです。 InDeep

massive_strip.jpg

すごいですね~ 
オーロラというのは、太陽からプラズマ粒子(太陽風)が放出され、
それが地球の極地の高層大気と衝突して発光するのだそうです。

InDeepさんによれば、
上のオーロラの頃は太陽風が「非常に強い」状態が続いていたものの、
太陽フレアなどの太陽活動はどうだったかというと、夏くらいから沈静化したまま。
とのこと。
ではなぜ上のような、巨大なオーロラが発生するほど地球の地磁気が影響を
受けたかというと、その頃の太陽には巨大な暗い穴、コロナホールが開いていたと。

coronalhole_sdo-2015-10a.jpg

こんな巨大なコロナホールが地球に向いていたことから、太陽風もかなりのもので、
地球の地磁気の乱れも相当なものだったのではないかということです。
InDeepさんはその頃、とにかく毎日ものすごい量の夢を見ていたそうですが、
未来予測プロジェクトのウェブボットの代表クリフ・ハイは、2009年に
「太陽の病気」というテーマのもと、以下のようなことを書いているそうです。

----- 
✽ 2009年1月のウェブボットより

・ 「太陽の病気」は人間にとっては大変に危険な影響をもたらす。
 人間の精神に影響するのである。
 突然と意識を失って倒れるような現象が相次ぐ。

・ また、この太陽の異常によって人々の現実に対する意識と感覚が大きく変化し、
 二つの異なった世界に同時に住む人々が多く出現する。
 これは「超現実」「幻想」「他の世界のような」などのキーワードと関係している。

・ この時期には、社会環境の変化とそのストレスに耐えられなくなり
 精神的におかしくなった人々が多数出現する。

-----
夫が珍しく体調のバランスを崩していたのも、ちょうどこの時期だったな~
そう言えば私も、不思議なことがあったのを今思い出しました。
パラレルの記事を書いていた頃です。

今ここには、無数にある並行世界と繋がる出入り口が、やっぱり無数にあるのかな~
今ここの一瞬一瞬を、いつも撰んですごしているんだな~
そうすると、今と少しだけ違う選択をして過ごすワタシがパラレルに居るなら、
何だかちょっと、そのワタシも愛しいな~

そんなことを思った時でした。
この目に映るこの現実の景色?が、真ん中辺りからぐにゅ~っと歪んで、
スパイラルに飲み込まれていくような不思議な映像になったのです。
それで、危ない危ない・・・と思って気を取り直し、正気に戻るように意識したのでした。
下の時計の部分が、目に見える現実で、それが中央に飲み込まれるような・・・
あはっ・・・(;'∀')

yjimage.jpg


あれ?私が最近何やらおかしな記事ばかり書いているのは、もしかしたら
このコロナホールの影響なのか?
いやいや、ただの妄想癖だな・・(笑)

それで、並行世界にいるかもしれないワタシや、その人生が愛しいと思った想いを
点描アートにしてみましたよ(^^♪

DSCF9293 (640x480)

どうでしょうか。
イメージわかるでしょうか^^





関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/403-de997f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シェア畑6ヶ月目 «  | BLOG TOP |  » ニングル(小さな妖精)テラス

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。