2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座敷童 他超常

店頭には近頃、豆類が多くみられるようになったので、
大豆と小豆をどっさり買いました。
小豆は酵素玄米ご飯を炊くのに4日毎に使うし、あんパンをつくるときには
こしあんより粒あんにしたいし、お正月に炊くお赤飯にも必要。

大豆は、久しぶりに納豆つくりをしようと思いました。
食べたければお店に何だってある時代です。ですが、
今年になって盛んに、発酵する経過や具合を知りたくなる自分がいます。
微生物の働きをまじかに感じたり観察するのって、とっても未知なもので楽しい。

↓の画像は、茹でた大豆に納豆菌を混ぜ、温度が45℃に下がるのを待っている間です。
DSCF9375 (640x480) DSCF9374 (480x640)

いつも豆乳ヨーグルトをつくる時に使っているヨーグルテイアというのがあります↓
いわゆる温度調節の出来る発酵器ですね。 これで案外簡単に納豆がつくれます。

DSCF9377 (640x480)

大豆に混ぜる納豆菌は、市販の納豆を種菌にしてもできるし、納豆菌の粉末でもでき、
アマゾンなどでお安く手に入ります。
1~2日発酵させ、その後冷蔵庫で1~2日寝かすと食べられます。

DSCF9387 (640x480)

久々なので手元にある市販の納豆そのものを種にここ2,3回つくってますが、
我が家流ではほんとは、粉末の菌のほうが菌の量を調節でき、つくりやすいです。
けっこう沢山つくるのですが、夫が好きで毎日食べるので、すぐなくなります。
なのでヨーグルトと納豆と交互につくってます。

ヨーグルテイアはほんとに便利で、他に塩麹も麹甘酒も、白みそも簡単に
つくれるので、我が家では重宝しています。

-------------------------
さて、久しぶりにネットのお散歩をしたのですが、
いくつかの超常ものをみたので、ここにもφ(..)メモメモ
もしかしたらすでに皆さんは、ご存知のことばかりかもしれませんが(*_*;

参照元
まずはじめに、上海の路上で発生した、走行中のトラックが
突然強力なパワーによって空中に持ち上げられ、地面に叩きつけられるという事例。


こうした事故は他にもあって、以下はドイツのシュトゥットガルトのA81高速道路で、
監視カメラが捉えたもの。大型貨物トラックが、奇妙な光とともに一瞬のうちに
宙へと引き上げられ、道路に叩きつけられた。目撃者の話によると、
「白い光が空中に一時停止していた」という。
また、事件直後の現場には正体不明の液体金属が飛散し、トラックの貨物も
空っぽになっていたとのこと。



以下は以前にも載せたものですが、再度載せます。
米・テキサス州では深夜の路上で、1台の不審車を発見した警察官が
職務質問しようと同車に近づき社内を覗き込んだ瞬間、まばゆい光が発生。
光に包まれた警官は、まるで燃えるかのように消滅してしまった。
映像はパトカーの車載カメラによって撮影されたものだという。

この現象について、「エイリアンのプラズマ兵器なのでは?」
「新たな軍事兵器ではないか?」など、さまざまな憶測が飛び交ったが、
真相は闇の中だとのこと。



昨年のちょうど今頃、伊藤征浩さんが座敷童らしき影が映る動画をあげ、
現在はFacebook動画アクセス数が70万近くなっていて話題を呼んでいるようです。
まずはその動画をご紹介します。


岩手県二戸市には「ざしきわらしの宿」といわれる緑風荘があります。
ざしきわらしが現れるという緑風荘は、2009年10月4日にボイラー室から出火し、
座敷わらしを祀る中庭の亀麿神社以外の築300年の母屋など4棟が全焼しました。
当時3年先まで予約で埋まっていたといいます。

焼失前の緑風荘
27692847.jpg

座敷わらしの名前は亀麿(かめまろ)と呼ばれ、宿では物の怪としてではなく
先祖の守り神(精霊)として同施設内に亀麿神社(わらし神社)をつくり祀っています。
その後多くの支援者もあり再建が進んでいるようです。


ざしきわらしについて  
およそ670年くらい前の南北朝時代、南朝の後醍醐天皇に使える 藤原朝臣藤房
(万里小路藤房)が北の足利軍に追われ現在の東京に身を隠しました。
その後さらに北上しその道中で二人の子供の内、当時6歳だった兄の亀麿が
病で倒れその幼き生涯を閉じました。
その際『末代まで家を守り続ける』と言って息を引き取ったそうです。
その後、守り神<座敷わらし>として奥座敷の槐(えんじゅ)の間に
現れるようになったと言い伝えられているそうです。

古くから岩手県や青森県の南の地方(南部藩があった場所)では
座敷わらしにまつわる言い伝えが数多くあり、実際、槐の間で座敷わらしに
出会った人にも必ず良いことがあったそうです。

これはお祀りしている亀麿が座敷わらしに扮して“自分の叶わなかった夢を
その人に託している”と言い伝えられています。
また座敷わらしは部屋に出るのではなく“人に出る”と言われているそうです。
参照

------------------------
ざしきわらしの話しは聞いたことがありましたが、
こうして映像に映っているのをみると、本当にそうなのかも~
と思いました。

それにしてもこういった映像を見ても、恐怖の対象や排除する考えよりも、
どちらかというと受け入れて共に在ろうとする自然感がありますよね。
しかもわらし、その伝承など読むと尚更ですね。

目に見えない存在や超常ものなども、色々ありますが
なんというか、その波動というか空気感というか、その違いも、
映像から感じ取ることが出来るように思います。

悪意あるものは何か冷たい波動、愛あるものは暖かい波動、
また赤や茶、緑、清んだ色などで感じられたり、柔らかい感じ、固い感じなど
そんな感覚で画像や映像から感じられることがあります。

あてにならない私の感覚ですが、上のざしきわらしの映像は、
撮影者の方の清んだ愛がとても感じられ、その周波数で読み取られたような気が
してなりません。 あー、読み飛ばしてくださいまし( ˘•ω•˘ )




関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/408-fcb1c860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ただあなたを進化へと誘うために «  | BLOG TOP |  » シェア畑7ヶ月目

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。