2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙には感情の記憶が

各地で雪が猛威を振るっている様ですが、皆さんのお住いのところは
いかがでしょうか。
近年にない豪雪というところもあるようで、お見舞い申し上げます。

秋に植えた畑のレタスも、二株凍結してしまいましたが、
ベランダや他のはだいじょうぶなようで、まだ収穫が出来そうです。

DSCF9431 (640x480)

白菜は一部を残して、あとはお漬物にしようと干したりしました。
今漬けているところなので、数日後には食べられます。
DSCF9430 (640x480)
先日久々に友人と会ってお茶をしました。
私たちはもっぱら、夏でも温かいものを注文するのですが、
回りを見ると、冬でも冷たい飲み物を飲んでいる人が意外と多いですね。

ところでこの冷たい飲み物に入っている氷。
当たり前に浮かんでいるのを見かけます。でも、氷って個体だし、
一見水に沈むはずなのに、おかしいと思った事ありませんか?

一般的に物質は温度が下がるにしたがって、気体から液体、個体へと変化する場合、
体積が減るはずなので、氷も水に沈みそうなものです。


実は氷は、一般的な個体とは別なのだそうです。
普通は温度が下がると体積は減るのに対し、水は凍ると体積が増えるのだそうです。
凍って結晶になる時に、酸素分子と水素分子の最密構造が外れて、109度の角度で
“く”の字に曲がって手をつなぐ構造のために、体積が増えることになるようです。

そう言えば確かに霜柱など、寒い朝に土が盛り上がっていて、ぁ、ここに霜柱がある~
なんてわかったりするあの現象は、明らかに地中の水分が凍って膨張してみえます。

氷が水より体積が大きかったり、水より軽いというのは非常に重要なことのようです。

参照 固体が液体よりも軽い

通常、物質は液体から固体になると比重が重くなり、体積が小さくなります。
ところが、水は4℃の時に比重が一番重く、固体(氷)になると約1割も軽くなります。
このような物質は水以外にはありません。

 もし、この異常な物性がなければ、北極では冷たい水は下方へ移動し、
やがて海底から氷ができ、年々氷は成長して魚が住めなくなってしまいます。
地球上の全ての海底で氷が成長していき、
やがて、氷の惑星になってしまうかもしれません。

また、岩の裂け目に入った水が凍結して徐々に岩を砕くことができなくなり、
風化が起こりにくくなって、
今とはまったく違った地形が形成されていたのかもしれません。


水は、池や川、湖だけでなく、森に山にと陸上にも存在し、大気中に於いても
雨や雪や霧、雲、雹など様々な形をとって存在します。
そして私たちのからだのなかでも水は、60~70%を占め、動物も植物も、
水なしでは存在できません。水はいのちにとって、特別なものなのですね。

また水は、波動を転写することでも知られていますが、
なんと涙には、顕微鏡で見ると、感情の記憶が刻まれているというのです。


涙には感情の記憶が刻まれている・涙を顕微鏡で観察したら?
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12089094958.html

涙を顕微鏡で見ることで驚愕の事実が判明
Looking At Tears Under A Microscope Reveals A Shocking Fact.
【Lifebuzz】http://www.lifebuzz.com/tears/ より翻訳


ローズ=リン・フィッシャーさんはある日、悲しみから出る涙と、喜びから出る涙で
違いがあるものかふと気になり、涙を顕微鏡で観察し始めました。

そして彼女が100種類の異なる涙を観察したところ、
基礎分泌の涙(目が乾燥しないように体が生成する涙)と、
玉ねぎを切った時に出る涙では劇的な違いがあることが判明したのです。


笑いすぎで流れる涙は、悲しみから出る涙とはまったく別物のように見えます。
海水の一滴のように、涙の一粒には人間が経験したことの小宇宙が
含まれているのです。彼女のプロジェクトは、
涙の地政学(The Topography of Tears) 」と呼ばれています。


スミソニアン美術科学大学(Smithsonian’s Collage of Arts and Sciences)の
ジョセフ・ストムバーグ氏
は、涙には
基礎分泌の涙、反射の涙(訳注:玉ねぎを切ったり、目にゴミが入ったときの涙)、
そして情動の涙(感情から出るもの)と大まかに3種類あると説明しています。

あらゆる涙には油脂や抗体、酵素などの有機物質が、塩水の中に浮遊した状態で
存在しており、異なる種類の涙にはそれぞれ独自の微粒子が含まれています。

感情から流れる涙には、ストレスを感じた際に放出され、
自然の痛み止め効果のある神経伝達物質のロイシン-エンケファリンなどの
たんぱく質ベースのホルモンが含まれています。
さらに顕微鏡で見る涙には結晶化された塩が含まれ、これも異なる形状を
していることも。


写真はすべて、Rose-Lynn Fisheさんのものです。
dc9dbceee1518aaa750df55c5027498b.jpg
目が乾燥しないように自然に分泌されている涙


bc1aeba1bbada24a549679fbed8426e6.jpg
変化に伴う涙

3fced401db996e4aeacc6e716495bb77.jpg
瞬間的な上機嫌の際に流れる涙(歓喜の涙?)


f6cee58c8da17d57db1998511ea1cbf4.jpg
物事の始まりと終わりに流す涙


319b55cd2c8e94c87e52602e640aa9ab.jpg
涙が出るまで笑いすぎた時の涙


3bda581f6e31c78a12da560064e6d66e.jpg
玉ねぎを切る時に流れる涙

感情から出る涙には同じ化学的成分が含まれていますが、
それでもかなり異なって見えることもあります。

bbd81ae1cef1fcb9c7fac3887720b5a7.jpg
可能性や希望を感じた時の涙


o0338045013467011292.jpg
気運の方向性が変わった時の涙


5e018d6c400ba380d3c27f6c8d735b83.jpg
思い出し泣きした時の涙


807a5bb3c98f03af7cc971eababaa072.jpg
深い悲しみによる涙


367afca8db16e02869c3f3863a8fda80.jpg
時間を越えた再開を果たした時の涙


5bcf052f3862e80a95af472a513495f7.jpg
開放感から流れる涙


記のフィッシャーさん曰く、
「化学的構造や粘性、(涙が流れた)背景、蒸発率や顕微鏡のセッティングなど、
涙からは非常に多くの変形バージョンを見ることができます」とのこと。

雪の結晶や指紋と同様、涙にもまったく同じものは存在していませんが、
これほどまでの違いがあるなんて信じがたいものです。

(翻訳終了)


<引用ここまで>
----------------------------------

涙が感情によってこれほど違う結晶になるのですから、
体内の水の結晶もその時々の自分の意識や感情で変化するのでしょうね。
興味あるな~

d04402af.jpg




関連記事

トラックバック

http://mintmk.blog.fc2.com/tb.php/423-66710d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お陰さまの恩返し «  | BLOG TOP |  » 瞬きの間にも刻んでおきたい想い

美しき緑の星

💛 ご案内 💛

最新記事

QRコード

QR

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。